人気NO.1銀座カラーはこちら

銀座カラーは未成年でも全身脱毛できる?支払い方法や親権者の確認は?

銀座カラーは未成年でも全身脱毛できる?

未成年がかわいい洋服を着るためにきれいになることはタブー視されていたというか、そんな風潮で、子供だからという一つの枠組みで大きく区切られてしまっていました。
しかし、空前のアイドルブームもあり、若い人でも脱毛してきれいになるのはしていいことだという時代にもなってきました。

学校で素肌を出したくなくても制服や、体育の授業では、決められた指定の服装で参加しないといけないけれど、思春期に入り少しずつ濃くなったように感じる体の毛が気になってしまう、学校で嫌なことを言われてしまったりする人も結構います。
残念なことにそのことが理由で、学校に行けなくなったり、友達関係がぎくしゃくしてしまったり、それはとてももったいないことです。
でも、それが最大の悩みだから仕方がありません。そんな悩みを早く解決してくれる未成年でも受けられる銀座カラーの脱毛についてご紹介します。

未成年が銀座カラーに通うときに気になるコト

銀座カラーを未成年が利用するときには、一番気になるところはお金のところでしょう。大学生なら自分で何とかバイトをして払うことができます。
高校生は、学校の校則でバイトが禁止されているところも多いです。高校生でバイトできるところといっても学校が月曜から金曜日までありますし、土曜日にあるところもあれば、部活動をしていたりするならバイトどころではありませんよね。

中学生や小学生はバイトなんてできないので、そうなると、高校生も中学生も小学生も親御さんからのおこずかい制となるので、脱毛の費用をどうやって支払えばいいのだろうと思うことでしょう。
大学生でも未成年であれば、おこずかいをもらっている人も中には大勢います。

親に話しても反対されるだけだし、親にはなるだけ知られることなく脱毛したいと思っている未成年は少なくありません。今は昔とは全く違います。
インターネットで情報をとれますし、小学生や中学生、高校生の身の回りの身近な人がアイドルや芸能界などに行ったり、テレビやインターネットで同じような世代の人が脱毛しているのを見ると私もしたいと思うのはいまや普通のことになってきています。

そんな中、親にばれることなくできるコースが銀座カラーにはかつてありました。前金で払ったりとか、大きなお金を一回で払ったりする負担が少ないように、脱毛を受けたその時、その時にその都度お支払いをするプランというものがありましたが、今はこれは残念ながら廃止になっています。

未成年が銀座カラーを利用する時の支払い方法

親に内緒で脱毛する場合、未成年であればいくらまでしか脱毛できませんよという条件というものがあります。それ以上の金額になると、未成年一人ではなかなか難しい現状です。

やはり、お店もなにかトラブルになったりしては見西南なので困るので、問題回避のためということもあるでしょう。そうなると、きれいにしたいのであれば、親御さんを説得したほうがよさそうです。親でなくても、成人した人で親権者に当たる人が契約書である同意書にサインできることが条件になります。

契約をするときには、お店に一緒に行く方がいろいろと手続きであったり、コースであったり自由度が高いです。さきほどもご紹介したように、未成年が一人で行っても金額が限られているので、自分の思ったような脱毛ができないかもしれないのです。

そんなときには、やはり親権者同伴で契約をしてもらったほうが、自分の思い通りの脱毛ができます。銀座カラーは女性専用になりますので、女性の親権者であるほうがベターです。

銀座カラーで未成年の契約について

未成年が脱毛できるということが話題であるこの銀座カラーですが、いったい、どこまでの未成年が契約することができるのでしょう。何歳から脱毛を受けることができるのだろうという疑問がでてきますよね。私は脱毛できる年齢なのか、どういったことをクリアしていれば脱毛が受けられるのか、これについて紹介します。

まず、銀座カラーでは、小学生、中学生はまだ脱毛を受けることはできません。まだ成長発達段階がこれからということでできない契約になっています。もう少し、思春期に伴う二次性徴の生理と年齢があがればできるようになります。
銀座カラーでは、16歳以上というのがひとつ絶対条件になります。ただし、年齢が16歳だから受けられるということではありません。16歳という条件と、生理が2回以上きているということが条件になります。この二つをクリアできて初めて契約をすることができるのです。

契約には、親権者の同意が必要になります。もし、親権者にあたるひとと脱毛サロンに一緒に行くことができれば同意書はいりませんが、そうではない場合は同意書というものが必要になります。これは、親権者があなたに脱毛をしていいということを許しました、許可しましたよというサインです。なんでも、未成年が契約するときにはこの同意書が必要になります。

同意書には、親権者の方への同意のことと、注意事項、脱毛のコースについて説明がなされています。その内容に同意した場合は、同意書に脱毛を受ける人の名前や生年月日、住所、電話番号、契約するコースを記入するようになっています。そして、親権者も同じような内容を記入するようになっていて、この用紙が必要になります。

これ以外にも、学生なので学生証と、あなたということが確認できるもの、例えばパスポートであったり、保険証がひつようになります。そして、印鑑が必要です。学生は学割があるので、学生証は絶対に持って行ったほうがお得になります。

まずは、無料カウンセリングに親権者と一緒に行くのがいいでしょう。そこでコースのことや注意点などを細かく聞いてアドバイスをしてもらい、あなたに合ったものを選ぶのがいいでしょう。

なお、親権者と一緒に行くと、カウンセリングに行ったその日その時に契約をすることができます。コースもいろいろ選ぶことができます。
アレルギーやアトピー性皮膚炎などの皮膚疾患や、てんかんの発作もち、紫外線がダメな人といった病気によっては脱毛ができない場合もありますので、該当する人はサロンスタッフに相談しましょう。

未成年銀座カラーの支払いを分割にできるのか?

銀座カラーでは、脱毛のコースの支払いに「分割」といって毎月毎月に決まったある日に支払いをするものがあります。よくコマーシャルなどでこの言葉は耳にしたことがある人も多いでしょう。

バイトをしている人であれば、バイト代として毎月毎月に決まった金額をもらうことができます。そうした人は分割ということができます。高校生はなかなか毎月同じ金額を払える人が少ないかもしれませんが、大学生であればバイトをする時間も増えるのでもっと多くの人が可能になります。

クレジットカードをもしもっている人がいれば、最大マックスで36回まで分割払いをすることができるので、毎回一回の支払いがぐんと減ります。しかも、分割にすると金利手数料といって、分割にした分の金利が付きますがここでは0%なのでとても安心できます。

毎月の浮いたお金を洋服や遊びに回すことができます。支払いとバイトばかりになってしまっては、せっかくのきれいになったぶんも披露するところもなくなります。それはもったいないので分割にするという手もあります。

銀座カラーで契約するときに未成年者は電話確認が必要?

銀座カラーでは、未成年の人が契約をするときには、親権者であるひとが一緒に行くとそのまま契約できますが、そうでない時には、親権者との確認が必要になります。法律では20歳までは未成年ということになっていますので、親権者とのなんらかの確認がなんかあったときのためにも大事になります。

成人している大人であれば、責任は本人がということで20歳以上からお酒もたばこも許可されていますが、20歳まではやはりまだ保護者の管轄の下というのが一般常識です。銀座カラーの脱毛サロンも会社なのでその辺はきちんとしています。

それ故に親権者の同意書が必要になりますが、上京していたり、実家から離れて暮らしており、どうしても一緒に脱毛サロンに行けない場合には、電話確認を取るという方法があるようです。

脱毛サロンのスタッフから脱毛の同意のことで電話連絡があるということは、事前に親権者にお知らせしておいたほうが話が早いです。今はいろいろな電話や詐欺なども多いので、自分に関係ないものは違うものと認識することも多い世の中なので、こういうことで連絡があるからお願いねといっておいたほうがいいでしょう。

未成年が銀座カラーで全身脱毛なんて本当に大丈夫?

未成年が受けられる脱毛サロンなんて本当に大丈夫なのという人もいるかもしれません。そんな風に思っている親権者もいるかもしれません。だって、一昔前まで、未成年が脱毛するなんて考えられなかったからです。

親権者も未成年の時がありましたが、そのときの時代とは違っていても、そのときの自分たちの時と同じような風景をおもい描いて話すことも中にはあるものです。実際に、今の未成年の時を生きているわけではないので、どうなのかということが時代が変わっているということに気づけません。インターネットなんてなかったから仕方ありません。

なので、未成年が受けられるところは不安ではないかということになってきます。しかし、安心してください。銀座カラーは20年の実績がありますし、未成年が受けられる学割というキャンペーンの実績もっしっかりあります。

全国に53店舗もある全身脱毛ができる今話題のサロンです。技術が高い全身脱毛の機械も新たに導入されIPL脱毛という最新の光脱毛をしていますし、スタッフも研修を積んだプロのスタッフがそろっています。

この全身脱毛は、肌のことを考えた機械なので、肌への負担が少ないというのが魅力です。思春期の敏感な肌を気にしている未成年や親権者の方々もいるかもしれませんが、痛みも少なく、肌へのダメージが少ないとされています。

銀座カラーで未成年者の支払いについて

脱毛を受けた未成年が支払うコースは学生証があれば、「学割」をつかって支払いをしたほうがお得です。これは、学生だから受けることができるメリットです。ただ学生証を提示するだけでこのキャンペーンをうけることができます。

コースによりますが、それだけで最大で5万円もの割引がきくから絶対におとくです。しかも、学割は、最初の契約の時に提示すれば、卒業した後もその学割が適応され続けますので、新たに支払い方法が変わることがないんです。

学生証がなくなってから脱毛を始めるのと学生証があるのは1,2年の差でも、金額が全然違ってきます。どうせいつかはしようとおもっているのであれば、未成年の学生の時から支払いを初めて、成人したときにはすべすべにきれいになっているほうが、お財布にも自分の生活にもメリットはあります。

未成年の支払いでカードやローンを組むとなるとハードルが高く、親権者が必要になってきます。でも、もし、その親権者も一緒に脱毛を契約するとなると、最大で8万円も安くなったりもします。親権者の人も説得できれば2人でかなりお安く脱毛を受けてきれいになることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です