人気NO.1銀座カラーはこちら

【銀座カラーVSストラッシュ】施術方法や料金・痛み・予約方法を徹底比較!

銀座カラーとストラッシュの比較

脱毛サロンと聞くと、どこが頭に浮かびますか。いろいろと名前が出てくるでしょうが、特に銀座カラーは名前が上がるでしょう。さらに知名度も上がってきているのは、ストラッシュです。
それぞれに利用しやすいポイントも用意されています。それらを徹底比較していきます。
どちらも脱毛をしてきれいにしてくれます。そんな店舗の特徴を見ていきましょう。

銀座カラーとストラッシュの施術方式はどうなってるの?

脱毛も昔から盛んですが、脱毛機器も進化しており、方式も増えました。さらに同じ方式でも痛みが感じにくくなるなど、性能もアップしています。中断したというところでも、また受けてみるとその違いに驚くかもしれません。
そんな脱毛方式は、効果やプランにも大きく影響します。
ここでは、それぞれの脱毛方式を知っておきましょう。選ぶ時の参考にもすべきです。

銀座カラー
IPL脱毛を採用しています。
個人によって痛みを感じることもありますが、だんだんと弱くなっています。
これはメラニン色素の黒いのに反応し、毛根に熱が加わることで成長を抑制すると言うものです。
脱毛前には毛をカットしておく必要があります。また日焼けしている肌には、効果が薄れるなどデメリットもあります。他にも、ほくろにも弱いとも言われています。
こうしたところを注意して脱毛をしてもらえれば、効果はしっかりと出ます。この方式はレーザー脱毛と同じ考え方で長い間、脱毛業界で浸透したやり方です。その実績でも安心できます。
もちろん、肌に異常を感じたときには中断してください。
この方式では、期間も開けて行います。毛の生えてくる周期を考慮しているからです。理論的にもしっかりとしているので、任せて安心です。

ストラッシュ
SHR脱毛は、これまでと違った考え方で行われています。というのは、毛周期に合わせてやっていたものから、毛皮(もうひ)に対して施術をしていくというものです。これにより、実はいろいろなメリットを引き出しています。
まずは、日焼けした肌やほくろがあっても、その部分でも脱毛ができるようになりました。
さらに脱毛の施術も間隔は短くなり、短期間で施術の効果を出すといったメリットもあります。
他には痛みについても、感じにくくなっています。そのため、 敏感肌や痛いのに不安がある女性にはこちらがおすすめと言えます。

こうしてみると、長年使われている方式と脱毛のデメリットをほとんどと言うくらい改善した方式にわかれます。
これなら、ストラッシュがいいと決めつけるのは早いです。プランやアウターケアもやカウンセリングなどもみて、総合的に判断をしましょう。

銀座カラーとストラッシュはどのくらいの頻度で通うのか

脱毛をする場合、どのくらいの頻度で通うのかもそれぞれの脱毛サロンで変わってきます。それによって、利用のしやすさも変わります。
気をつけることとしては、短期間で終わるというアピールポイントです。かなり良さそうですが、それだけ通う頻度も高くなります。仕事やプライベートに忙しい今どきの女性からすると、大変です。また、残念ながら遅刻したり、急な予定も入ったりしてキャンセルもありえます。短期になると、それだけ生理に当たってしまう確率も高まります。これらもあって、なかなか短期間で通い続けるのは大変なのです。
短期間で通うも便利ですが、状況によるものだと頭にも入れておきましょう。
ではこうした期間に関して、銀座カラーやストラッシュではどうなっているのか見ていきましょう。

銀座カラー
プランの中でも人気があると言えば、月額が3,300円のものです。顔を含む全身24カ所の全身脱毛6回となっています。
これは、2カ月に1回のペースで施術が受けられます。
支払いと施術のペースは次のとおりです。
契約時に頭金の1,000円を支払いします。
1カ月目に脱毛施術の1回目を受けます。そして、支払いの1回目もあって6,490円です。
2カ月目には脱毛の施術はありません。支払いは3,300円に変わります。
3カ月目に脱毛施術の2回目を受けます。支払いの金額は3,300円のままです。
4カ月目には脱毛の施術はありません。支払いは、3,300円です。
5カ月目に脱毛施術の3回目を受けます。支払いの金額は、3,300円です。
6カ月目には脱毛の施術はありません。支払いの金額は、3,300円です。
こうして、12カ月目には3,300円を支払って終わります。1年で6回の施術を受けられます。
2カ月に1回なので、それだけゆとりもあります。他の予定も入れやすいです。肌も負担もすくなくできるので、心配はいりません。
分割払いなので手数料はかかります。23,900円追加されますので注意してください。とはいっても、月の負担はかなり軽いです。あらじめ、支払う総額はわかるので安心です。

ストラッシュ
全身脱毛61カ所、期間限定初月0円、通常価格7,980円を公式サイトでアピールしています。なお、総額はきまっていないのでローンを組む必要はありません。つまり止めるまではそのまま支払い続けます。毛の量が多い、剛毛の場合には総額のあるプランで回数をこなしてもまだ改善されないといったトラブルもあり得ます。しかし、ここならばそうしたことは起こりません。
では、月々の実際の施術と支払いを見ていきましょう。
このプランでは1カ月に2回の施術を受けることができます。1回の来店では全身の1/4を施術します。つまり全身1回をするには4回通わないといけません。
1カ月目で施術1回目には全身の1/4を行います。
1カ月目で施術2回目には全身の1/4を行います。
7,980円を支払いします。
2カ月目で施術3回目には全身の1/4を行います。
2カ月目で施術4回目には全身の1/4を行います。
7,980円を支払いします。
これで全身脱毛の1周目が終わります。
このように毎月支払いをしながら、月に2回の施術を続けていきます。
そして、12カ月目で全身脱毛の6周目が終わります。支払いも7,980円を支払いします。
なお、剃り残しがある場合には、その都度1,000円が追加されます。女性によっては、月に2,000円増えるかもしれません。

それぞれに払うタイミングと金額を見てみると、通う回数が少ない銀座カラーの方がいいかもしれません。同じ期間ですが1/4ずつと毎回で1回では、利用する女性の負担も違います。料金の追加の心配もいりません。銀座カラーが安心して任せられます。

銀座カラーとストラッシュの全身脱毛で比較してみたら

これまでに話をしたプランとは別に、全身脱毛のプランについて見ていきましょう。
それぞれの全身脱毛の料金なども知ると、比較もしやすくなります。さらに利用したい気持ちにもなるかもしれません。
部分脱毛から全身脱毛へ移行することもよくある話なので、ぜひおさえておきましょう。

銀座カラー
月額制と回数制を用意しています。
全身と顔とVIOラインを対象にしています。
月額制は、先にあげた月額3,300円のプランです。
回数制だと、12回で195,000円です。
回数無制限は、389,000円です。
脱毛前のシェービングは無料です。あと、プランに関して有効期限はありません。

ストラッシュ
月額制と回数制を用意しています。
全身と顔とVIOラインを対象にしています。
月額制では7,980円を支払いします。総額は決まっておらず、通った月の分だけ支払いを続けます。
回数制では、以下のとおりです。
6回だと、95,760円です。
10回だと、154,500円です。
12回だと、181,800円です。
18回だと、262,440円です。
回数無制限では、369,800円です。
ストラッシュで注意するのは脱毛の範囲です。月額制だと1/4ずつしか進めません。回数制になると、1回の来店で全身をまるごと施術します。
月額制だとシェービング代は1,000円かかります。回数制ではそれが無料です。
そして、プランには有効期限もあるので要注意です。以下のとおりです。
6回では、10カ月です。
10回では、1年3カ月です。
12回では、1年6カ月です。
18回では、2年です。
回数無制限では、5年です。

こうしてみると、回数の細かくわかれていて、選択肢はストラッシュが良さそうです。
しかし、月額制と回数制で違いが多く、利用するときにも勘違いも起こりそうです。また有効期限もあるので、忙しくて結局ムダにしてしまったなんてことにもなりそうです。
人気のある脱毛サロンの特徴として、プランがシンプルなことが挙げられます。シンプルなほど利用しやすく、あとからトラブルにもなりません。銀座カラーはその条件を満たしています。なので、契約もスムーズに進みやすいです。
有効期限がないのもとてもありがたいです。
細かな設定にも目がいきますが、今の自分の状況だけでなく、将来も考えると実は銀座カラーが利用しやすいと言えそうです。

銀座カラーとストラッシュの脱毛範囲は全てなのか?

脱毛ではどこをするのかも重要です。ついつい料金ばかりに目がいきますが、範囲もしっかりとチェックしてください。
その時には、どちらも公式ホームページも見てください。部位の説明では、体の絵が必ず掲載されています。それで比較してください。
比較をする時は、部位の数は気にしない方がいいです。部位の決め方の違いが原因で差がでるからです。
数の多い少ないは全然当てにできません。
それぞれでの部位を見ていきましょう。

銀座カラー
顔 (鼻下除く)鼻下、ワキ、ヒジ(上、下)、
手(甲と指)、ひざ、ひざ(上、下)、両足(甲と指)、えり足、背中(上、下)、腰、乳輪周り、おなか、へそ(周り、下)、
Vライン(上、サイド)、Iライン、Oライン
全部で24カ所です。注目すべきところは、各部位を左右でわけていません。他の脱毛サロンでは左右でわけるところが多いです。数は少なくても、全体的なカバーをしていて、漏れはありません。

ストラッシュ
顔では以下のとおりです。
おでこ、こめかめ、もみあげ、ほほ、鼻下、フェイスライン(左右でわけています)。
鼻下真ん中、あご(上と下でわけています)。
体の前面は、以下のとおりです。
肩、乳輪、胸、足の甲、足の指(左右でわけています)。
ひじ、ひざ、へそ、Vライン(上と下でわけています)。
体の背面では、以下のとおりです。
わき、手の甲、手の指、お尻(左右でわけています)。
背中、ひじ、ひざ裏(上と下でわけています)。
Oライン奥
全部で61カ所です。

これだけ細かいのですが、実際に脱毛をするときに、女性の立場では右側をやってとかここは左側をという感じで頼むことにはならないでしょう。胸全体をといって頼むのが普通のような気もします。細かな設定もあまり、現実的ではないかもしれません。あれば得かなと言う感じでしょう。
なので、銀座カラーのわけかたでも十分にスタッフには伝わりますし、女性もそれに納得できます。数が少ないからと、評価を下げる必要はありません。
どちらも全てをやってくれますが、わかりやすくて頼みやすいのは銀座カラーでしょう。
ストラッシュでは、部位の施術の進み具合もプランで変わります。これも、気になるところです。部位の進行も考えて、契約は結びましょう。

銀座カラーとストラッシュの効果が分かりやすいのはどっち?

脱毛の施術を受けたら、どうしてもその効果が
いつからでるのかも気になるでしょう。どうしても早く出てほしいと言うのが本音でしょう。
効果については、基本的には以下のとおりです。
施術の1~2回目では、ほとんど実感しません。
3~4回目では、ほんの少し感じるかもしれません。
5~6回目だと、毛が抜け落ちて、効果を感じます。
7~8回目だと、自己処理の回数が減りまます。
9回目以降では、自己処理がいりません。
ただし脱毛サロンでは永久脱毛ではありません。医療資格がないので、永久脱毛はできません。長年たつとまた毛が生えてきますがずっと先の話なので、脱毛サロンでも十分に満足できます。
施術方式が、脱毛サロンごとに異なります。その結果、効果の実感にも違いが出てくるようです。

銀座カラー
脱毛サロンで一般的をIPL脱毛を使っています。これは先に書いた回数による効果をとても実感しやすいものです。月額のプランならば10カ月目から効果を感じて、全部終わる頃には自己処理の手間要らずとなっているでしょう。効果を実感する頃に、プランも終わるので満足度も高いです。女性としてもやりきった感を感じやすいです。

ストラッシュ
SHR脱毛を採用しています。これはまだ比較的に新しい技術とも言われています。将来には、こちらが脱毛方式のメインになるのではといった意見もあります。その一方、効果の持続について何十年も保てるのかと言った疑問視する声もあるようです。時間とともに検証も必要そうです。
そして、メリットも多い反面、光の照射の程度が弱いです。そのため、効果は出ても見た目で感じにくいといったのが現状です。
施術をしても、先に挙げた効果を実感しにくいようです。そのため、より長く通ってしまうかもしれません。
毎回の施術のたびに効果を感じられる、実感しやすいのは銀座カラーです。将来的に効果の持続が実証されているのも銀座カラーです。これから先には、技術の進化で変わる可能性かありますが、今は銀座カラーの方が効果は高いと言えるでしょう。

銀座カラーとストラッシュの予約はいつでもとれるのか?

脱毛の効果をしっかりと感じるためには、定期的に来店することが不可欠です。ところが脱毛サロンの口コミを見てみると、この店舗は予約がとりにくいとかここはとれるといったことが、よく書かれています。予約も実は要注意です。口コミを見る限りでは、予約なんてとれて当たり前と考えるのは、どうも間違いのようです。事前にこうしたリサーチもしてから、店舗を決めた方がいいでしょう。
なお、予約のとりやすさといっても、予約方法やシステムも影響します。それぞれで予約はどうなのか見ていきましょう。

銀座カラー
店舗数は52店舗となっていて、他の脱毛サロンとも負けていません。
予約の方法は、インターネット、電話、店舗にて可能です。
店舗も最初のところから他の店舗へと移動することも可能です。インターネットからでも、その手続きはできます。

ストラッシュ
店舗の数が22店舗となっていて、他と比べてもかなり少ないです。
予約の方法は、電話か店舗で可能です。インターネットでは、予約できません。
店舗の移動は可能です。ただし、店舗へ連絡することが必要です。

こうしてみると、予約のとりやすさは銀座カラーの方がいいでしょう。ストラッシュも人気もありますが、その営業年数や知名度からいけば、銀座カラーには及びません。ただし、店舗数も増えてくることが予想されます。これからは楽しみな脱毛サロンに間違いはありません。
また、インターネットを使えるかは今どきでは大きなポイントです。ストラッシュは2016年にオープンしたため、システムの用意はまだまだかもしれません。これもこれからの改善を期待するポイントです。初回カウンセリングは、インターネット予約は対応しています。
予約の状況確認や変更を考えると、インターネットは欠かせません。
店舗移動は両者ともありますが、ストラッシュ連絡が必要です。営業時間に左右されるので、不便さも感じます。
総合的に見ても、予約のとりやすさは銀座カラーと言えるでしょう。

銀座カラーとストラッシュのキャンセルは簡単にできるのか

予約を知るならば、キャンセルについても知っておきましょう。特にストラッシュでは短期間に通うことになるので、なおさら知っておくべきです。急な予定が入ったときに慌てないように、また損をしないように知識をつけておきましょう。

銀座カラー
前日の19時までに電話で連絡するか、前日の23時59分までにインターネットにてキャンセルをしてください。つまりは前日までにするのが基本です。
ここ最近になって予約した時間までであれば、当日でもペナルティがなく、キャンセルが可能です。以前はペナルティがあったのですが、緩くなりました。

ストラッシュ
キャンセルは前日の20時までとなっています。店舗への連絡が必要です。もしもこれを過ぎると、1回分を消化となってしまいます。つまりは施術を実際に受けられる回数が減ります。キャンセルに遅れたら損となるわけです。

脱毛においては、これまではどの脱毛サロンでも厳しい対処をしていました。ストラッシュの対処も実は、当たり前なのです。銀座カラーも厳しかったですが、最近緩和されました。確かに急なキャンセルもよくある話なので、見直したのでしょう。
もしも生活リズムが同じならばストラッシュで大丈夫ですが、仕事をしている女性などは銀座カラーの方が無難かもしれません。時期的に忙しくなりそうだなとわかっているのであれば、キャンセルすることも前提にして、銀座カラーを選んだ方が安心できるでしょう。

銀座カラーとストラッシュのカウンセリングはやっているのか?

脱毛サロンと言えば、カウンセリングと呼ばれる面談から始まることをご存じですか。
カウンセリングを難しく考える必要はありません。スタッフからはプランの説明や脱毛のやり方を説明する場です。女性からは、脱毛の希望する部位を伝えたり、あとはパッチテストを受けられる場です。
パッチテストとは、脱毛を実際に体験することです。その時に痛みがあるかチェックするといいでしょう。
カウンセリングを受けてから、後日に契約に必要なものをもって、再度店舗を訪れるのが定番です。カウンセリングは大抵は、1時間前後となっています。

銀座カラー
カウンセリングはいつでもやっています。パッチテストも行っています。入会の勧誘はありません。事前の予約が必須です。インターネットや電話から予約できます。

ストラッシュ
カウンセリングはいつでもやっています。パッチテストもやっています。入会の勧誘はありません。
施術と違って、カウンセリングはインターネットから予約できます。電話でも申し込みできます。
なお、ストラッシュの場合プランの説明はしっかりと確認をとりましょう。特に施術の範囲や回数やキャンセルについて聞いてください。1/4ずつでも大丈夫なのかも確認しておきましょう。

なお、どちらもカウンセリングでも開始時間は決まっています。遅刻は厳禁です。最後に遅刻したときの対応も見ていきましょう。

銀座カラー
20分までの遅刻であれば、施術は受けられます。しかし、時間も限られるため、全身脱毛の途中で終わるかもしれません。
20分をこえると、施術は受けられません。1回分を消化となってしまいます。

ストラッシュ
20分までの遅刻であれば、施術は時間がある限りやってくれます。ただし、脱毛の途中で終わるかもしれません。
20分をこえると、施術は受けられません。1回分を消化となってしまいます。

どちらも遅刻には厳しいです。遅刻しそうになったときには、必ず予約した時間の前に連絡をしましょう。

結論!!銀座カラーがおすすめだ!

施術方式で言うと、ストラッシュの方式が良さそうにも見えますが、銀座カラーでも満足することは間違いありません。
あと金額の明瞭さや予約やキャンセルといったサ対応については、ストラッシュは改善の余地があります。銀座カラーは老舗ですから、そうした細かい対応に強いです。他の脱毛サロンでもお手本になるくらいです。
この両者から選ぶのであれば、金額の他にも満足ポイントの多い銀座カラーにしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です