人気NO.1銀座カラーはこちら

銀座カラーのシェービング代の有無と該当部位と該当しない部位の対応方法

銀座カラーのシェービング

脱毛サロンの施術を受ける前には、ムダ毛が生えている状態では脱毛機器でキレイに脱毛する事が出来ません。
そのため脱毛を受ける前には、必ずムダ毛を短く処理しておくべきです。
しかし当日にうっかりムダ毛処理を忘れてしまったり、背中など自分では上手くムダ毛処理出来ない部位もありますよね。

そんな時は脱毛サロンでは、脱毛を行う前にシェービングを行ってくれます。
ですがこのシェービングサービスは、各脱毛サロンによって対応が大きく異なります。

この記事は・・
銀座カラーの場合は、シェービングサービスはどうなっているのか紹介します。

銀座カラーではシェービング代は発生するの?

脱毛サロンによっては、ムダ毛処理を忘れて脱毛施術前にシェービングを行う場合、追加料金がかかるケースがあります。
確かに本来は自分で処理をしておかないといけない事ですから、追加料金が発生しても文句は言えません。
銀座カラーの場合は、全身脱毛コースを選択している場合は、無料でシェービングサービスを行ってくれます。

ただし注意点としては、シェービング対応してくれる部位が限定しています。
ではシェービング対応してくれる部位がどこなのかというと、襟足、うなじ、背中、腰、お尻、Oラインです。
部位を見ると気づくと思いますが、これらの部位に共通しているのは自己処理がしづらいという事です。

つまり腕や脇、脚などの自分で手が届く部位に関しては、ちゃんと自分でムダ毛の処理を行う必要があります。
銀座カラーのシェービング無料という文字だけを見て、だったら自己処理するのが面倒だし脱毛サロンでやってもらおうという考えは間違いなので、注意して下さい。

コースによってはシェービングが無料にならない

銀座カラーは、自分では手が届かない範囲のシェービングは無料で行ってくれると言いましたが、厳密にはコースによって無料サービスと有料サービスに分かれます。
無料サービスになるのは、通常価格の契約だけです。
リーズナブル脱毛コースを選んでいる場合は、手が届かない範囲のシェービングが有料となります。

有料サービスでは、1回につき3000円の追加料金がかかるので、シェービング代×コースの回数分も考慮してコースを選ぶようにして下さい。
1回3000円のシェービング代は、他の脱毛サロンと比較しても割高な料金設定だと思われるかもしれません。
しかしリーズナブル脱毛コースは、月額料金3300円と破格の料金設定となっています。

仮に毎回3000円のシェービング代を加算した場合でも、他の脱毛サロンの総額と比較した時にリーズナブルである事は間違いありません。
ですが3000円のシェービング代がかかるぐらいなら、手間がかかっても自宅で家族や友達に手伝ってもらった方がタダなのでお得です。

自己処理を忘れてしまったらどうなるの?

先ほど銀座カラーでは、シェービングは無料ですが対応している部位が限定的だと紹介しました。
では自己処理しないといけない部位を、当日うっかり忘れて脱毛サロンに訪れてしまったらどうなるのでしょうか?
脱毛サロンによっては、自己処理を忘れた時に1000~2000円程度追加料金が発生しますが、シェービングを行って脱毛施術を行うところもあります。

しかし銀座カラーの場合は、剃り残しを避けて脱毛施術を行うのが一般的な対応となります。
つまり全部自己処理を忘れてしまった場合に、シェービング対応している部位はシェービングをして脱毛施術を行ってくれます。
ですがそれ以外の部位は、ムダ毛が生えているため脱毛施術を受ける事が出来ません。

しかも脱毛施術が受けられない箇所も1回分の消化という形になってしまいます。
1回あたりの脱毛施術の料金は、コースにもよりますが少なくとも1000~2000円よりも高額です。
つまりシェービング代を支払って、脱毛施術を受けられる方が良心的で、シェービング代が無料でも剃り残しは脱毛施術を受けられない銀座カラーの方が対応は厳しいと言えるでしょう。

だからこそ脱毛施術を受ける前日には、やり忘れや剃り残りが起こらないように、しっかりとムダ毛の自己処理を行うようにして下さい。
では、剃り残しで脱毛施術を受ける事が出来なかった部位は、その後どうなるのでしょうか?

まず回数制限があるコースの場合は、脱毛施術が出来なかった場合も消化扱いになるので、剃り残してしまうと脱毛施術を受けられる回数が1回分減ってしまいます。
脱毛し放題コースの場合は、回数制限がないため数日後に予約を取り直し、剃り残し部分の脱毛施術を受けるようにして下さい。
通常は脱毛施術の後は、毛周期サイクルを考慮して1~3ヵ月間をあけて、次回の予約を行います。

しかし剃り残し部分は施術を行っていない訳ですから、前回の脱毛施術から期間をあける必要はなく数日後に予約をしてもOKです。

自己処理にも電気シェーバーを購入した方がいい?

普段自宅でムダ毛の自己処理をする時に、電気シェーバーを使用しているという人は少ないかもしれません。
もう少しお手軽にカミソリを使用したり、毛抜きで抜いたり、脱毛テープを使用しているという人が多いでしょう。
ですが脱毛施術を行う時のムダ毛の自己処理は、電気シェービングの使用をお勧めします。

その理由はカミソリだと肌にダメージが加わってしまいますし、毛抜きや脱毛テープだと毛周期サイクルが乱れてしまいます。
肌を傷付けずに脱毛施術の効果を妨げない自己処理の方法として、1番適した方法が電気シェーバーなのです。
なので脱毛施術を受ける事が決まったら、電気シェーバーを購入する事をお勧めします。

電気シェーバーは、銀座カラーの店舗で販売しています。
パナソニック製の電気シャーバーで、高性能でムダ毛をキレイに剃る事が出来ると評判がいい商品です。
ですが銀座カラーの店舗だと電気シェーバーが3000円で販売されていますが、同じ商品が家電量販店やネットでは1500円程度で販売されている可能性があります。

そのため店舗で電気シェーバーの種類の確認だけして、実際に購入するのは安く販売しているところの方がお得ですよね。
それに店舗でシェービングサービスを受ける際には、自前の電気シェービングを持参する必要があるので注意して下さい。

自己処理の注意点

手が届く範囲の部位は、自己処理を忘れてしまうと脱毛施術を受ける事が出来ません。
では、自己処理は脱毛施術の前日に行うのがいいのでしょうか?

実は前日よりも、3日前に電気シェービングで処理しておく事をお勧めします。
3日前に自己処理をすると、脱毛施術の当日はチクチクとムダ毛が生えている状態です。
こんな状態で大丈夫?と不安になる人もいるかもしれません。

ですが短いムダ毛が生えている状態の方が、脱毛効果が高いと言えます。
なぜかというと銀座カラーの脱毛機器は、光脱毛と呼ばれる脱毛方法を導入していて、黒い色に反応する光を身体に照射します。
そのため前日でほとんど生えていない状態の毛よりも、チクチク短い毛が生えている方が理想的な状態で脱毛効果が高いのです。

ただ3日前に自己処理しようと思っていたけれど忘れてしまい、前日に思い出したという場合は前日でもいいので自己処理を行って下さい。
当日自己処理をしないまま銀座カラーに訪れてしまうと、脱毛施術を受ける事すら出来ません。

あと自己処理をしたのに、剃り残しの部分は脱毛施術をしてもらえなかったという経験がある人もいるでしょう。
いくら手が届く範囲であっても、全ての毛をシェービングで完璧に仕上げるのは難しいですよね。
自己処理はお風呂に入った時に、ついでにするという人が多いかもしれません。

ですがお風呂場の照明は少し暗めに設定されていますし、お風呂場ではメガネやコンタクトを外して裸眼の状態です。
そのため視力が悪い人は特に、お風呂場での自己処理だと剃り残しが生じやすい環境だと言えます。
だから明るい室内でシェービングを行い、最終チェックは太陽光の下で行いたいところです。

あと1回のシェービングでは剃り残しがあるのでは?と不安に思う人は、2回念入りにシェービングを行えば剃り残しを予防する事が出来るはずです。

部位別のシェービングポイント

脱毛施術をする前に自己処理で剃り残しがないように部位別のシェービングポイントを紹介します。
まず顔のシェービングは、顔のムダ毛は細い産毛なので、剃り残しやすい部位だと言えます。
そのため明るい場所で、鏡に映してチェックをしながらシェービングしていきましょう。

特に耳のラインからフェイスラインをしっかり剃るように心がけて下さい。
身体の部位で剃り残しが多いのは、デコルテや胸回り、お腹などの産毛です。
普段ムダ毛の自己処理をする時に、脇や手足はするという人でも、あまりデコルテや胸、お腹はムダ毛が薄いので処理しないという人も多いでしょう。

普段自己処理しない部位だからこそ、脱毛施術前のシェービングでやり忘れてしまうので、手が届く部位は全部シェービングするぐらいの気持ちでして下さい。
あと手が届かない部位は、銀座カラーでシェービングをしてくれますが、手が届かない部位と手が届く部位の境界線は曖昧ですよね。
なので境界線が剃り残しゾーンになりがちなので、ちょっと境界線を越えるぐらいの気持ちでシェービングを行いましょう。

脚や腕も裏側は見えにくい部位なので、違う角度から見た時に剃り残しが見つかるかもしれません。
あとデリケートゾーンやIラインは、自己処理が非常に難しい部位です。
いきなりシェーバーで剃るのではなく、先にハサミで短くカットした後でシェービングを行うとキレイに仕上がるので試してみて下さい。

銀座カラーシェービング・まとめ

銀座カラーのシェービングは、コースによって無料サービスになる場合と有料サービスになる場合があるので、自分の場合はどちらに該当するのか確認しておきましょう。
そして無料サービスでシェービングを行う場合も、全身をシェービングしてくれる訳ではありません。
シェービングは基本的に、背中やお尻など自分では手が届かない部位のみに限定しています。

もし自分で手が届く部位のシェービングを自己処理していかなかったり、したつもりが剃り残しがあった場合は、シェービング出来ていない部位は脱毛施術を行う事が出来ません。
脱毛し放題プランであれば回数制限がありませんが、リーズナブル脱毛コースは回数制限があります。
回数制限がある場合、剃り残しで脱毛施術が行えなかった場合でも、1回分に含まれるのでくれぐれもやり忘れや剃り残しがないように注意して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です