人気NO.1銀座カラーはこちら

銀座カラーとキレイモの脱毛を比較!料金プランから部位までを徹底解説

銀座カラーとキレイモ比較

女性ならば、脱毛も大切な美容のひとつです。全身脱毛や部分脱毛など、希望範囲もさまざまです。自分でもできますが、なかなか大変です。そこで脱毛サロンを利用したくなるのは当たり前です。でも脱毛サロンもたくさんあって、どれにしようか迷うでしょう。
ここでは、人気の高いと言われている脱毛サロン2つを比較します。銀座カラーとキレイモです。それぞれの特徴などから、どちらがいいのか見ていきましょう。

銀座カラーとキレイモ、それぞれのお店の営業年数は

銀座カラーもキレイモもどちらも有名です。脱毛サロン、全身脱毛でネット検索をすれば必ず出てきます。それぞれ人気も高いのですが、お店にも違いはあります。
銀座カラーは1993年に設立されており、すでに25年以上も営業しています。脱毛サロンなどは入れ替わりも激しく、店舗も新しくできたのにすぐに閉店も珍しくありません。そんななかこれだけ長く営業しているのはもたちろん、店舗も増やしているのは信頼の証です。52店舗もあり、今後も展開が予想されます。

一方、キレイモは68店舗となっています。そうぎょうしたのは2014年とまだ若いです。
店舗数ではキレイモですが、過去の長い実績があって、安心感は銀座カラーがよいでしょう。また、店舗の移動も銀座カラーは対応していることで、店舗数がキレイモより少なくてもうまくカバーできていると言えます。

銀座カラーとキレイモの料金プランはどうなっているの?

それぞれ部位ごとや全身といった施術をしています。それにあわせて金額プランも用意しています。
全身脱毛し放題を見た場合、以下のとおりです。
銀座カラーの場合
月額9,300円でショッピングローンの36回払いが可能です。
総額は389,000円です。

キレイモの場合
月額9,500円を回数の制限なく払いつづけます。

一見キレイモが良さそうに見えますが、普通は施術コースの回数も決まっていますし、上限がはっきりしないと不安も高まります。実際には効果モデルのは銀座カラーです。つまりは効果がキレイモは遅いために、結果としては払う総額が増えてしまうのです。月の負担額も銀座カラーが安いのです。
次に各種プランです。

銀座カラーの場合
6回コースでは99,000円です。
12回コースでは195,000円です。

キレイモの場合
6回コースは114,000円です。
12回コースでは212,000円です。
18回コースでは290,700円です。

6回コース、12回コースでは銀座カラーの方が負担は少ないです。キレイモは18回コースがあり、選択肢が多くなっています。銀座カラーはありませんが、12回をこえるとなるとあとは、全身脱毛し放題とした方がプランもシンプルになり、選びやすいです。
そして、キャンペーンは以下のとおりです。

銀座カラーの場合
のりかえ割りでは、他サロンからの乗り換えで60,000円offです。
祝割では、本年度に成人や結婚した人や当月と前月翌月に誕生日の方は、最大20,000円offです。
ペア割では、友達や親子など一緒のご契約により、最大80,000円offです。
お友だち紹介では、ご紹介で入会した場合には最大25,000円offです。紹介した人には、ギフトカード15,000円分プレゼントです。

キレイモの場合
他サロンからの乗り換えで50,000円offです。
ペア割では、最大10,000円offです。
お友だち紹介で紹介した人もされた人も最大10,000円offです。

キャンペーンの種類では、銀座カラーの方が多く、金額も大きくなっています。条件などはそれぞれであるので、カウンセリング時によく確認してください。また友達など他の人も興味ありそうなら、誘ってみるのも安くする手と言えます。

銀座カラーとキレイモの施術範囲はどうなっているの?

金額についても気になりますが、さらにどこの部位を対応しているのかも気になるところです。この部位に関しても脱毛サロンごとに考え方や施術によって、範囲やその定義のしかたも変わってきます。

銀座カラーの場合
脱毛の範囲は24カ所です。細かな部位は以下のとおりです。
顔、鼻下、両ワキ、両肘上、両肘下、両手の甲や指、両ひざ上、両ひざ、両ひざ下、両足の甲や指、えり足、背中上、背中下、腰、ヒップ、ヒップ奥、胸、乳輪周り、おなか、へそ周り、へそ下、Vライン上、Vラインサイド、Iライン。

キレイモの場合
脱毛の範囲は33カ所です。細かな部位は以下のとおりです。
おでこ、もみあげ、両ほほ、鼻、鼻下、あご、あご下、両脇、胸、乳輪周り、両肘上、両肘、両肘下、おなか、おへそ、手の甲、手の指、両ひざ上、両ひざ、両ひざ下、足の甲、足の指、うなじ、肩、背中上、背中下、腰、ヒップ、Vラインサイド、Vライン、Vライン上、Iライン、Oライン。

施術する部位を数字で見てみると、キレイモが多いのです。しかし、銀座カラーは顔をひとまとめにしているのにたいして、キレイモではおでこ、もみあげ、ほほあご、あご下などと明記しています。そうした部位の定義の細かさの差が数に表れています。
Vラインについては、銀座カラーはサイドや上部の施術です。一方、キレイモでは全体的な施術、またデザインもできるなど細かくなっています。Vラインではキレイモがよいのですが、その他では定期が広くて分かりやすい銀座カラーが良さそうです。部位を細かく指示をしないと漏れる可能性もあるので、分かりやすい銀座カラーの方が初心者にはやりやすいでしょう。

銀座カラーとキレイモの施術の方式はどうなっているの?

また、効果については部位の数とは関係はありません。それぞれ脱毛サロンということで、光脱毛と呼ばれる方式を採用しています。
これはメラニン色素にだけ反応する光を照射することで、メラニン色素の毛根に熱を与えます。その結果、毛根が弱まり、毛が抜けると言う仕組みです。
よく私たちが耳にする永久脱毛とはレーザー脱毛のことであり、これは病院やクリニックでしかできません。脱毛サロンではレーザーは扱えないため、永久脱毛とは違います。しかし、生えてくる周期は遅くなったり、量が減る、薄くなるなどの効果もあって、ほぼつるつるで手入れの手間も省けるので、かなり満足度は高いでしょう。
どちらも、施術では永久脱毛出はないことを覚えておきましょう。

やり方が基本的には一緒です。機器やその型式、最新かどうかはそれぞれで違いますし、店舗でも差があるでしょう。光脱毛をする機器も進化しており、最新になるほど痛みを感じにくくなるなど、その特徴やメリットも変わってきます。ただし、効果は同じです。
そして、脱毛サロンでは、14回から24回の範囲ぐらいで完了とされています。プランや部位にもよりますがこれくらいをすれば、キレイなつるつるの肌になれるでしょう。
そして、効果の出る早さはやはり、施術の回数をどのくらいの感覚でするかに影響してきます。
2、3回ですぐにつるつるにはならず、毛も抜けません。なので、全然毛が抜けないと勘違いする人がいますが、4回目以降にだんだんと効果を実感するようになってきます。最初は効果を感じなくても、安心して脱毛サロンへ任せてください。

そして、2カ月~3カ月に1回のペースでまずは施術は進めていきます。後半になると、さら間隔が空いていきます。
銀座カラーでは、最初の1年では最大8回まで施術を受けられます。
それに対してキレイモでは6回です。2回分、銀座カラーの方が回数が多いのでそれだけ施術の効果を早く実感できます。

そして、銀座カラーでは9回目以降では3カ月に1回です。2カ月に1回だと楽に感じそうですが、続かないとか予約したことを忘れてしまうなどもあります。この間隔で通うのも負担に感じる人もいるようです。それを考えると、間隔が空いて頻度が下がった方が負担は少ないです。そうした面でいっても、銀座カラーの方が良いでしょう。
施術がすべて終わるのは、銀座カラーは2年半から3年半です。キレイモだと2年4カ月~3年です。こちらも少し銀座カラーの方が長く感じて面倒そうにみえますが、定期的に通う負担は少ないので、最後まで施術してもらいやすいといえるでしょう。

銀座カラーとキレイモの施術時間はどっちが早い?

施術について、気になることといえば、実際にかかる時間です。
ベッドで横になれば、スタッフが脱毛機のヘッド部分を当てて施術します。あとはスタッフの指示に従い、無期を変えたりするだけです。それでもデリケートなところや敏感肌だと痛みを我慢するかもしれません。そうなると、時間も気になるところです。施術時間は以下のとおりです。

銀座カラーの場合
1時間

キレイモの場合
1時間半~2時間

銀座カラーが早いのは脱毛機の違いです。キレイモだと、照準を合わせてやるやり方です。銀座カラーだと肌に当ててずらしながら照射をします。その結果施術の時間が短縮されます。
また、施術を行うスタッフがキレイモは1人ですが、銀座カラーは2人です。これも早く施術が終わる理由です。

銀座カラーとキレイモの施術には痛みは伴うの?

実際に施術を受けるときに、痛みがどうなっているのか気になる人も多いです。先に挙げた光脱毛はレーザー脱毛と違い、永久脱毛ではありません。レーザー脱毛は永久だったり、医師の免許も必要なことから実は高額になってしまいます。それと比べると、脱毛サロンの方が金額的には安くなっています。予算の準備具合では脱毛サロンになる人もいるでしょうが、満足度はかなり高いです。
そして、レーザー脱毛では痛みを感じることが多く、特にVラインは女性によっては我慢できないくらいと言うこともあります。そのため、レーザー脱毛を止めて、光脱毛になるケースも多いです。
レーザー脱毛のと比べて痛みが少ないのも光脱毛や脱毛サロンのメリットです。

それでも、痛みについては個人差により感じるケースもあります。なので、敏感肌の女性や痛みが気になるのであれば、カウンセリングのときに確認してください。痛みについてやその緩和について確認するといいでしょう。さらには、カウンセリングで実際に狭い範囲で体験することが可能です。
銀座カラーでもキレイモでも、試してみることができます。
お試しやプランで施術を受けた女性によれば、どちらもほんのりと痛みを感じたと言う声がおおかったです。また、Vラインや指、顔などの方が痛みを感じやすいそうです。プランを相談するときにそのVの痛みを聞いてもいいでしょう。

銀座カラーとキレイモはジェルは使うのか?

脱毛をするときにもサロンは、さまざまなものを用意しています。そのうちのひとつにジェルがあります。
銀座カラーでは、ジェルは使います。
しかし、キレイモでは使いません。
脱毛サロンの施術の進め方や女性への配慮から使う、使わないの差があります。どちらが言うわけではありません。
銀座カラーが使う理由について見ていきましょう。

銀座カラーでは施術をする部位にジェルを塗ります。その上から脱毛機のヘッド部分を当てていきます。光脱毛でも痛みを感じることもあり、敏感肌の女性だと大変です。またVラインといったデリケートな部分だと、誰でも痛みを感じやすいです。このようなときには、脱毛機の出力を下げることで痛みを緩和できます。ところが弱くすればそれだけ、毛根に働きかける力も弱くなるため、効果が出るのに時間もかかったり、薄れるかもしれません。できれば下げない方がいいのですが、痛みがあります。そこで、ジェルを痛みの感じるところにまずは、厚く塗ることで出力はそのままで、痛みを緩和できます。

また、当て漏れ防止にもつながります。部位に脱毛機のヘッド部分をあてていくことで、効果を出します。全身ともなれば施術時間もかかりますし、スタッフの集中力にも影響します。つい当てるのが忘れてしまったなんてこともありえます。
しかし、ジェルを塗ることで当てた部分はジェルが薄くなり、当ててないところはもとのままなので、その差を確認しやすくなり、当て漏れがわかると言うわけです。これにより、スタッフの技術力の差をなくし、均一的な施術を提供しています。
あと、銀座カラーのジェルは保湿効果のある成分を配合しているので、美容にもいいのです。

キレイモが使わない理由としては、ジェルのベタベタ感を嫌う女性もいます。また、冷たいため冬の施術が大変と言う声もよく聞こえてきます。これらから、女性に気分よく施術をうけてもらうために控えています。他にも施術後にきれいに拭かないと、次の予定にも支障を来すかもと言う配慮もあるようです。

効果や施術の面から言えばあった方がいいのですが、施術の受けやすかやその後を踏まえてもあるので、自分に考えで調整してみるといいでしょう。

銀座カラーとキレイモはどちらが予約とりやすい?

脱毛サロンは、予約制です。いきなりお店へ行って、すぐに施術を受けることはできません。人がいなくてもこれから来る予定があるため、空いているから受けさせてと言うことはできません。
こうしたことから、予約が取りやすいかも大切です。また、せっかく高いお金を払っているのに通わなくなる理由として、思うように予約がとれないこともあげられます。
脱毛サロンで人気の有無はありますが、店舗によっても交通の便や時間帯などから人気の差があります。もしも人気のある店舗で申し込みをすると、申し込みはスムーズにできても、いつも予約が満杯で思う通りにとれないといったリスクがあることを覚えておきましょう。
予約を取る方法は以下のとおりです。

銀座カラーの場合
予約は、インターネット、電話、店舗にて可能。
店舗の移動は、可能。
次回予約は、2カ月先まで可能。

キレイモの場合
予約は、インターネット、電話、店舗にて可能。
店舗の移動は、可能。
次回予約は、6カ月先まで可能。

ここで注目することは、店舗の移動です。申し込みをした店舗にて施術を受けるのが一般的です。しかし、引っ越しや転勤などで住むところが変わったり、人気のある店舗のため予約が取れない場合には、他の店舗にて予約を取って施術を受けられるというものです。時には長期出張で地元から離れた都道府県先で施術を受けることも可能です。
これならば、予約が取れないということもありません。他だと店舗の移動がない場合もあるので、実はとても助かるサービスなのです。
次は次回の予約です。銀座カラーの方が期間が短いですが、大体は2カ月から3カ月で通います。あまり先まで予約をしても忘れてしまう、また変更するケースも多いです。6カ月先はあくまで、取り敢えずという意味合いでしかありません。2カ月でも変わる予定がたかいのですから、銀座カラー位で十分です。

銀座カラーとキレイモはキャンセルできるのか?

次回予約と関連するのがキャンセルです。予約を入れたのにキャンセルというのは珍しくありません。できる限りはキャンセルや変更をしないようにしましょう。
キャンセルや変更については、以下のとおりです。

銀座カラーの場合
月額制、回数制
電話だと前日の19時までで無料です。
インターネットだと前日の23時59分までで無料です。

キレイモの場合
月額制
電話だと3日前の20時までで無料ではありません。
インターネットだと3日前の23時59までで無料ではありません。

回数制
電話だと3日前の20時までで無料です。
インターネットだと3日前の23時59までで無料です。

銀座カラーの方が直前まで様子を見ることができて、さらに無料ということでキャンセルや変更がしやすいです。
当日キャンセルについては、以下のとおりです。

銀座カラーの場合
回数制
コース1回分消化扱いです。

脱毛し放題
2,000円のキャンセル料金が発生します。

キレイモの場合
月額制、回数制
キャンセル、変更できません。
1回分は消化扱いです。

当日の場合だと、脱毛し放題では銀座カラーの方が手厚いと言えます。
ただし、1回分消化にもなる場合もあるので、注意しましょう。
さらに千石についても見ていきましょう。

銀座カラーの場合
15分以上の遅刻では、施術の一部を行いません。
20分以上だと、1回分消化として施術を行いません。

キレイモの場合
施術は残された時間の分だけ行います。

遅刻に関しては、銀座カラーの方が厳しいです。遅刻しそうなときには、まずは連絡してみてください。相談をすることが先決です。

銀座カラーとキレイモでシェービングはやってくれる?

実は脱毛サロンで施術を受ける前には、シェービングをする必要があります。これは、脱毛機の光を当てるのですが、ムダ毛が長いと毛根にまで光がしっかりと届きません。
そこで、シェービングをして短くします。その時もムダ毛が残ってしまうとその部分の照射は避けられます。
シェービングの対応については、以下のとおりです。

銀座カラーの場合
事前に自分でシェービングが必要です。
手の届きにくいところの剃り残しは、スタッフがシェービングをサービスを行います。ただし、カウンセリング時など前もっての確認が必要です。
シェービング代は無料です。

キレイモの場合
事前に自分でシェービングが必要です。
手の届きにくいところの剃り残しは、スタッフがシェービングサーヒスを行います。
シェービング代は無料です。

銀座カラーでは、以前はシェービングサーヒスはありませんでした。今だとシェービングサーヒスもありますが、あくまでうなじな背中、お尻やOラインといった手の届きにくいところのみです。
また、プランやコースにもよるので、しっかりと確認しておきましょう。どちらも剃り残しがあれば、下手すると施術を全然受けられなくなるので、注意してください。それでも、1回分は消費となるので要注意です。

銀座カラーとキレイモは学生でも申し込みできるのか?

18歳未満の女の子でも、脱毛の施術を受けることは可能です。昔と違って、ムダ毛で悩む女の子も増えました。ナーバスとも感じるかもしれませんが、本人にとっては真剣です。また、脱毛に関する意識も変わってきて、親も娘が未成年でもさせてもいいと考えています。
昔と比べても、学生の女の子のプランの申し込みも当たり前となっています。そして、園かずも増えており、脱毛サロンも学生の対応を積極的にしています。

銀座カラーの場合
最大で50,000円offです。
学生証の提示が必須です。
卒業しても、学割が継続します。
親の同意書が必要です。

キレイモの場合
最大で73,332円offです。
学生証のほかに生徒手帳、在学証明書でも申し込みが可能です。
卒業しても、学割が継続します。
親の同意書が必要です。

申し込みについてはキレイモの方が書類が多いのでやりやすいかもしれません。金額も最大で見ると、キレイモの方が高いです。
しかし、銀座カラーの内容はキレイモの他の脱毛サロンと比べても、それほど違いもありません。なので、特別劣るというものではありません。
学生でも銀座カラーは利用しやすいですし、施術時間が短い、効果が早く出るなどは学生にとってはよりありがたく、学業への負担も少ないので、金額の他の面を考慮すると、銀座カラーが良さそうです。

銀座カラーとキレイモは生理の時の施術はどうなる?

女性だと生理が定期的にあるでしょう。その生理と施術日が重なるなんてことも珍しくありません。でもなかなかキャンセルがやりにくいときもあります。
生理の時の対応は、以下のとおりです。

銀座カラーの場合
VIO、お尻の他の部位は施術は可能です。

キレイモの場合
VIO、お尻の他の部位は施術は可能です。

どちらも上記を除いた部位は、施術は可能です。
腕や足などであれば、全然問題内です。全身脱毛だと、その部分ができないのは困りそうなので、キャンセルや日にち変更を考えた方が良さそうです。
また、生理の時は肌が敏感にもなりやすいので、無理しないことが大切です。

結果・・・銀座カラーの方がおすすめ

キレイモもここ最近、急成長している脱毛サロンです。しかし、銀座カラーが利用する女性に対してしっかりとサービスしています。老舗ならではの強みがあります。もしもこれから脱毛をするならば、ぜひとも銀座カラーで始めてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です