人気NO.1銀座カラーはこちら

銀座カラーの足脱毛はなぜ人気?料金・施術部位や時間を徹底調査

銀座カラーの足脱毛

なぜ女性は脱毛するのでしょうか?お母さんやおばあちゃんの世代にはなかったものです。今のような立派な機械もなかったし、技術もなかったのでそんなことはできませんでした。しかし、現代では脱毛は当たり前の世の中になっています。
初めは女性の悩みを解決するために普及していきましたが、今では女性だけでなく男性までもが男性専用のクリニックで脱毛を施している時代です。一昔前には男性の足がつるつるなんてだれが想像できたでしょう。
なぜ現代の人はこんなにも脱毛をするようになったのでしょうか。脱毛の中でも足は男性からも女性からも人気のある脱毛部位のようです。

足脱毛はなぜ人気なのか?

肌を露出する部分である足は多くの人の悩みの種のようです。
実際に脱毛した人や、脱毛をしようとしている人の理由を聞くとだいたいどれも同じような意見がある。そのいくつかをご紹介します。

「自分でカミソリを使ったりしての処理が煩わしい。」、「カミソリで剃っても肌の黒ずみが気になって自分ではどうしようもない。」、「学生時代から足の毛が濃いのがずっと嫌だった。」「学校の制服でみえるから。」、「職場のユニフォームであしがでてしまう。」「ずっと処理しないといけないし、カミソリで肌があれてしまう。」「足をきれいにしたかったから。」といった理由がとても多く、みなさん同じような悩みを抱えています。

自分で肌を露出する機会もあるかもしれませんが、職場や学校で肌を露出しなければならないこともありますので、その都度ずっと自分で処理をしていくのはとても時間と労力がかかるし、その回数が増える分カミソリなどによる肌への負担は増えていくばかりです。

肌への負担が増えていくとどうなるのか。自己で毛の処理をすることによって逆に毛毛が濃くなってしまったり、カミソリなどによって肌が荒れてしまうことで、乾燥肌になったり、もともとの肌の色から黒ずんでしまったり、この黒住は毛が見える毛穴の黒ずみでは煮なく、単純に足の皮膚が黒ずんでしまうことです。ほかには、肌が赤みを帯びてしまったり、皮膚が硬くなってしまうこともあります。

こんな悩みを解決してくれるのが足の脱毛です。銀座カラーの脱毛なら面倒な処理もすることはなくなりますし、剃りのこしがあって気になったり、肌の調子の行く末に不安を抱くこともありません。

銀座カラ―の足脱毛について知ろう

一般的に足の脱毛は世間ではどうなってる?

脱毛サロンで脱毛する人とクリニックで脱毛する人がいますが、脱毛サロンでは、だいたい平均して8回~12回脱毛することが必要になります。そして、足だけを脱毛するのであれば足だけで平均だいたい13万円前後の費用が掛かります。

足以外にも脱毛を一気にしようと考えている人にとっては時間と金額を天秤にかけてみると、他の部位もできる全身脱毛のコースにしたり、セットができるところが効率よく脱毛をできる可能性があります。

銀座カラーの脱毛は肌のことも考えた優しい機器

足の自己処理は、肌荒れをする人も少なくありません。しかし、ご安心ください。銀座カラーの脱毛機器は肌もきれいにしてくれる効果があります。毛の黒い色素であるメラニンをめがけて1秒のうちに数発の光を出して脱毛しますが、そのときにも肌のことを考えた光の照射になっています。

このことで、脱毛後の肌への負担を減らしています。施術後にも熱で熱くなった皮膚を覚ます役目と、乾燥して荒れないように十分な保湿が目的のミストを吹きかけることもできますので、乾燥する季節にはキチンと肌ケアもしてくれます。肌を潤すミストは別途が必要になりますので、無料カウンセリングでどうしたいかを相談したほうがいいでしょう。

足の脱毛といえども、こんな時にはご注意を。

足脱毛だから、足のことだけ気にすればいいと思って施術に行くかと思いますが、女性の生理のときには少し気を付けたほうがいいことがあります。足ということは、股の付け根の近くまで施術をされるので、下着や生理用品にも少し配慮していくことをおすすめします。

気になる人は下着の上に、色の黒や紺などの色の濃い短パンのようなものを履いていくと気にせずに施術を受けることができます。
仕事などで靴がにおう人や足がにおう人も足を清潔にしたり、除菌シートのようなウエットティッシュを持ち歩いたり靴下をこまめに履き替えたりするほうが気にせずに施術を受けられるかもしれません。

銀座カラーでできる足の脱毛の部位と時間はどのくらい?

毛には毛周期というものがあって、毛の生え代わりがあります。その時期によって2か月くらいに1度のペースで施術をしていきます。しっかりした毛が初めの施術から薄くなったり、抜けたりすることはありません。徐々に自分で処理する回数が減っていき、それがおおよそ6回の施術後くらいでヘリを実感し、そのあと徐々に細くなったりしていき完全に抜けて脱毛終了となるのが1年半から2年とされています。

足の部位はどうわかれている?

正面は、両ひざ上、両ひざ、両ひざ下、両足の甲・指にわかれていて、背部面は両ひざ上、両ひざ下の6か所にわかれています。それぞれについてのながれをご紹介します。

両ひざ上(正面)
膝のお皿の上から鼠径部の足の付け根までの範囲になります。ズボンで行っても専用の衣服に着替えることになるので大丈夫です。施術の前に自分で処理をして保湿をておきます。スタッフが肌の状態をチェックします。そこで肌のことを話したり、お客さんからの悩みなどを聞いたのちに照射して終了です。
かかる時間はおおよそ10分から20分程度です。

両ひざ
両ひざの膝蓋骨の皿の上の皮膚の部分です。足の部位の中でも黒ずみが気になる人が多く、効果がしっかり出るように他の足よりも回数を重ねて確実に脱毛していきます。施術内容は両ひざ上と同様です。
かかる時間はおおよそ5分から10分程度です。

両ひざ下(正面)
膝蓋骨のお皿の部分の下から足首までになります。硬いといわれる部位の範囲になります。足の中でも一番露出の多い部位で、夏場は女性に人気の部位です。男性サロンでもこの部位は人気の部位になっています。施術の流れは両ひざ上と同じです。
かかる時間はおおよそ10分から20分程度です。

両足の甲・指
足首から足の甲から指先までになります。夏はミュールやサンダルを履くことが多いので、指の毛が気に合っているひとも大勢います。足の甲・指の場合は着替えは不要になっています。施術内容はほかと同じです。

かかる時間はおおよそ3分から5分程度です。

両ひざ上(背部面)
正面の両ひざ上の範囲と同じになります、その部位の背面です。太ももの裏は自分では見えにくい部位でもあります。正面の両ひざ上の内容や流れも同じになっていますので正面の両ひざ上を参照してください。

両ひざ下(背部面)
正面の両ひざ下の部位の背面になります。流れも同様になりますので、両ひざ下(正面)
の内容を参照ください。

一回でだいたい1時間程で施術できます。毛の量や濃さなど個人差がありますので、時間や機関がかわってくることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です